News of IGS Hawaii

                  Island Guest Service    IGS Hawaii updated 2012-04-04 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


ハワイ移住への道

ビザ知識

米国で合法的に働くためには、ビザが必要です。
ビザの種類は、多岐に渡りますが、米国内で合法的に働く為には、ビザが必要となります。
一般的なビザとして、Eビザ(投資駐在員ビザ)、Lビザ(企業転勤者ビザ)、Hビザ(一時就労ビザ)などがあります。
どのビザも一時的に許可されているもので、永住権とは違います。
永住権(グリーンカード)は、何ら制限もなく米国内で生活していくことが出来ます。

ビザに関しての詳細は、米国大使館ビザサービスを参照下さい。
以下、簡単に説明します。

【Eビザ】(投資駐在員ビザ)

  • 米国へ投資している人及びその従業員に対して発給されます。
  • 5年毎の更新ですが、必ずしも更新出来るとは限りません。

【Lビザ】(企業転勤者ビザ)

  • 親会社と子会社の企業内転勤者に発給されます。
  • 最高7年まで滞在出来ます。

【Hビザ】(一時就労ビザ)

  • 専門的な技術を持つ人が、一時的に米国内で就業することが出来ます。
  • 最高xx年まで滞在出来ます。

上記は、非移民ビザと呼ばれています、グリーンカード(永住権)は、移民ビザとなります。


【永住権】(グリーンカード)
 米国で仕事、期間なとの制約がなく、生活することが出来ます。
 一般的に取得は、大変難しいものです。
 取得に一番早い方法は、米国人との結婚により取得することです。
 次に早い方法は、Lビザからステータスを切り替える方法です。

具体的方法

会社経営者として企業内転勤

Lビザにも種類があります。

Lビザ(企業転勤者ビザ)にも種類があります。
一般従業員向けのLビザと管理職(経営者)向けのLビザです。
将来グリーンカードへステータス変更を申請する為には、
管理職(経営者)向けLビザを取得する必要があります。
そのLビザを取得する為に、まず、私たちの会社に経営参加していただきます。

具体的には、米国本社へ出資していただき、日本子会社の役員に就任します。
Lビザを申請するまでには、最低1年以上の勤務実績がないといけませんので、
日本国内に於いて、日本子会社の仕事をしていただき、実績が出来た段階で
Lビザを申請し、日本子会社から米国本社へ転勤することになります。
その後、Lビザの期限がきれるまでに、グリーンカードへのステータス切り替えを申請し、
永住権(グリーンカード)を取得する道が開けます。
※Lビザは、個人が申請できるものではなく当該企業が申請します。

日本子会社の業務内容は、不動産関連、金融関連、ソフト開発関連、各種サービス関連など、
多岐に渡ります、あなたの得意分野で会社収益向上に努めていただきます。
※業務内容には、ハワイ本社にて催行していますツアー集客業務も含まれます。



【ご注意】
 ※何もしないで、永住権を取得出来るというものではありません。
 ※実際に仕事をして、会社に収益を与え、ご自身収入を得て、合法的に移住するものです。
 ※ビザ取得には、多額の費用と時間を必要とします。
 ※必ずしもビザ取得が保証されるものではありません。

業務内容

IGS Hawaii Inc.概要

経営参画していただく会社について

親会社となるIGS Hawaii Inc.は、米国ハワイ州にて事業を行っています。
経営参画していただく日本の会社は、米国会社100%出資の子会社となります。
IGS Hawaii Inc. の主たる事業内容は、ツアー催行業務です。
順次、業務拡大していきますが、Lビザ取得後ハワイへ移住した際には、
ハワイに於いては、ツアー催行業務にも携わっていただきます。

誰にでもチャンスはありますが、社員ではありませんので、それ相応の努力が必要となります。
会社経営の経験は問いません。
長年会社経営してきている私たちがサポートしますので、心配は無用です。

詳細を知りたい方は、遠慮なくお問い合わせください。

※経営参画していただくことになりますので、人数に限りがあります。
※無制限に人を受け入れるものではありません。

President&CEO 経歴

1986/6~2003/3
自らの手で会社設立手続きを行い、ソフトウェア開発を主たる業務とする株式会社アイジーエスを設立、その後、事業を拡大し、従業員100名、売上高15億円の会社に成長させる。事業売却により終了。
1997/6~2003/3
株式会社アイジーエスの米国子会社として、B-session Inc.をカリフォルニア州シリコンバレーに設立、Bビザで米国に入国後、会社を設立し、BビザからLビザにステータス変更、従業員3名で、ソフトウェア開発を行う。Lビザ取得1年半後にグリーンカードを申請、米国永住権を取得。年間20回以上渡米、日米往復の生活をおくる。
1999/12~2003/3
米国にてコンピュータソフト基礎技術を買収し、Morphink Coporation を設立、その後、日欧投資家より4億円の投資をうけ、画像圧縮技術を開発。
2005/9~2007/2
日本にて、米国で開発された画像圧縮技術を基に、モーフィンク株式会社を設立、米国ラスベガスに子会社を設立、サーバーを設置、1億5千万の投資を受けソフト開発、日米往復生活の再開。
2007/2頃~
ハワイ州オアフ島に住みつき、サーフィンだけの生活を続ける、Kensurfguide を主催。
2011/4~2011/6
ハワイにてホームレス生活を経験、人生で経験するであろう、大概のことは経験ずみ。
私という人間を知りたい方は、ブログをご覧ください。
2011/10/~
米国移住を目指している方たちが資金を失うだけで移住に失敗したり、騙されている現状を垣間見てきました、真剣に移住を考える方に役立つ会社を創りたいと思い、自らの経験を基に、IGS Hawaii Inc.を設立、現在に至る。

※上記以外にも多数の会社経営に携わってきていますが省略しています、私と話してお確かめ下さい。


【今後の予定】
   2012年第一四半期中に日本子会社を設立、事業活動を開始予定。
   日本子会社、本店所在地は、東京都区内を予定。
   経営参画していただく方の地元を日本子会社の支店としますので、全国何処にお住まいでも参画可能。
   日米間の連絡は、最新のテレビ電話を利用し、顔を観ながら話せる環境を用意しています。
   ※限定5名までとなっていますので、予めご了承願います。
   ※出資していただく会社は、米国法人となりますので、米国法に準拠します。

IGS Hawaii Inc.

QvDJE.jpg

米国親会社となる、IGS Hawaii Inc.へのリンクです。
現状、各種ツアー催行及び貸切チャーターを提供しています。

関連リンクLinkIcon

Yumix Club

Yumixclub.jpg

Yumiko Takahasi が主催するハワイライフを楽しむ為に必要な情報を網羅し、各種サービスを提供しています。

関連リンクLinkIcon

Ken Surfguide

4.png

ビデオ撮影付サーフガイド、とびきりのローカルビーチへご案内します。

関連リンクLinkIcon